読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に仕事したほうがカワイイの?

好きなものエバンジェリスト

公式サイトから推し(仲田拡輝)の情報が消えた

自担は中島健人なので、あえて「推し」という表現をします。


本日、推しの名前と写真と動画がジャニーズのサイトから消えました。
ジャニーズJr.の中で、松村北斗氏と並んで最も好きな仲田拡輝の情報がごっそりと消えました。

他社で社内SEをしている身としては、サーバからバックアップ復元して消す前の状態に戻したろうか!!!?!って感じなのですが、
そういうわけにもいきませんので、いろいろと書いていこうかなと思います。

何やら、ヒロキが少年収に来ていないらしい

こんな情報をツイッターで見かけたのはいつだったか、明確な日は忘れてしまいましたが、
この時は「まぁインフルエンザとかっしょ、うちの会社でも流行っているし」くらいにしか思っていませんでした。
トラジャ(ジャニーズJr.のTravisJapanというグループです)担がざわめいている様子を見ても、
いやいやーそんなので退所(=ジャニーズJr.を辞める)認定するのは時期尚早でしょーって感じで。

けれども、雑誌に載っていない、ジャニーズショップのヒロキの写真が売り切れる、クリエ(コンサート)に出ない・・・
さすがに、「退所」という2文字がちらつくようになってきました。


仲田拡輝というアイドル

今回の退所を受けて、ヒロキ担のブログを読み漁っていたのですが、皆さん口を揃えて言っているのが
「太陽のような存在」
「アイドルを全うしている」
という点で、私自身も彼の一番の魅力はそこにあるなと思っております。

変な噂も聞いたことが無かったし、舞台上ではいつも輝いておりました。
端の方で踊っていてもついつい目で追ってしまう、ヒロキを見ると元気が湧いてきます。
気付けば、彼の出る舞台ではいつも彼のステフォ(ステージフォト)を購入していました。


でも魅力はそれだけじゃなかったことに気づいたのは、舞台「ドリアン・グレイの肖像」での一幕。
阿片窟にたむろしているあたりのシーンでのヒロキの演技を見て、頭を殴られた気分になりました。
舞台役者として、役に没頭している、自分の知らないヒロキがそこにいました。
その時感じた気持ちの表現が難しいのですが、アイドルという枠を取っ払っていて、恐怖すら覚えたほどです。
同時にもっと外部舞台の仕事をしてほしい、才能を見せつけないのは勿体ないとも感じて、
ますます応援してきたい、絶対に日の目を見てほしい!
デビュー出来たら、もっとそういう仕事が増えるかな?と思うようになっていきました。


「退所」がよく分からない恐怖

私はジャニーズだけでなく邦楽バンドも好きです。
バンドは、突然のメンバー失踪などを除いて、基本的には「〇月△日に解散します(もしくは休止します)」という重要なお知らせが開示されて、
解散前最後のライブがいつなのか、教えてくれます。
その解散(休止)に向けて、行けるライブは全部行こう!と調整できますし、
期限が分かると、気持ちに整理も付きやすいです。

例えば、大好きだったBEAT CRUSADERSが"散開"する(←この表現が懐かしすぎて泣きそう)と聞いた時も、最後のライブ(OTODAMA)が分かっていたから観にいくことができましたし、
とても悲しかったですけれど、きちんと現実を受け入れられてた記憶があります。


一方の、ジャニーズJr.の「退所」。
「退所」したと分かるのは、「ジャニーズの公式サイトから名前と写真が消える」時だそうです。事前連絡はありません。
公式サイト上で、"辞めました"という事後報告もありません。
「番組の収録にいない」
「ジャニーズショップの写真が入荷されなくなった」
という、所謂退所のヒントみたいなものはありますが、じゃあそういう片鱗が見えてからどのタイミングで辞めるのか、そもそも本当に辞めるのかということは判断できません。
最後の舞台・コンサートを見届けることが無いまま退所してしまいます。


ジャニーズJr.に興味を持つ前(4年前くらいですね)、実はこの退所云々の曖昧さが怖くて、興味を持ちづらかったということがありました。
退所するのかしないのか分からなかったこの数週間は、あまりジャニーズ界隈のことを考えたくなくて、
プレミアムフライデー青梅線奥多摩へ逃亡したり、毎日電車の中でTHE ORAL CIGARETTESのMVをひたすら見たりして過ごしてました。(そして沼に落ちましたがこれはまぁ後日書きます)
その最中、3/1昼間にあっさりとヒロキの情報が消されました。

今まさにこの「退所」の曖昧さの恐怖に対峙しているのですが、退所ってこんなに実感が湧かないものなのかと、戸惑いを隠せません。
ただ、自分にとっての最後のヒロキの舞台(私にとっての最後は1月のジャニアイ)を、見てはいるけれど「最後だ」と認識して見届けられなかったことが、悲しい気持ちでいっぱいです。

最後に

ヒロキにはデビューしてもっと多くの人を明るい気持ちにさせるアイドルとして頑張ってもらいたかったなと、思ってます。
けれども、アイドル道を邁進した彼があえて別の道を選択したということは、ある種とても格好良い。
最後まで格好良いのはずるいなぁ、と思います。


でもやっぱり、その門出のタイミングに立ち会って、盛大に祝いたかった。
ジャニーズJr.として幕を下ろすその瞬間を見届けたかったんだよなぁ。